結論!!マッチアラームで出会えるのか!?

出会い系はやりたくないけど出会いが欲しい!と思ったほとんどの人が最初に試してみようかなと思うのがマッチアラームです。

というか私もそうでした(笑)

このサイトをご覧になっているあなたもそんな理由でこのサイトを訪れたのではないでしょうか?

まず結論をいってしまうと

マッチアラームは出会えます!!

但し条件があります。

その条件とはなにか?を知るためにはまずマッチアラームの基本を知っておく必要があります。

マッチアラームの基本

マッチアラームの新機能「すれちがいマッチ」を知ってますか?

マッチアラームは、もともと、毎日午前8時に自動的に相手を紹介してくれるマッチングアプリでした。

従来からあるいわゆる出会い系サイトのように誰もが自由に相手を探してメッセージをやり取りするスタイルと違い、どんな相手を紹介されるかわからないことから必然ではなく偶然の出会い、つまり運命の出会いを演出するというコンセプトが斬新でした。

一方で、毎日1人しか紹介されない、もっと紹介してほしいときは有料になるなど、肝心の出会いがなかなかゲットできないという不満を感じている人も実際多かったのではないでしょうか?

そこで登場したのが「すれちがいマッチ」と呼ばれる新機能です。

簡単に言えば、今いる場所の近くにいる相手を紹介してくれるという機能です。

近くにいる=お互いがその気ならその瞬間に会ってお茶できるというこれまた斬新なサービスです。

ちなみに、マッチアラームと競合するアプリとしてomiaiがあります。

omiaiはマッチアラームのように運命の相手をマッチングしてくれるサービスではなく、出会い系サイトのように自分で相手を探すタイプで、匿名で相手を探し、いざ会う前にはフェイスブックを交換してどんな相手かチェックできる点が安心です。

ネットの評判はまちまちですが、私個人の印象としてはマッチアラームに分がある気がします。やはりマッチアラームのように偶然の出会いを演出してくれるからこそ出会い系を敬遠する女性ユーザーをつかめるのだと思うからです。

マッチアラームやomiai以外にも似たようなアプリはたくさんありますが知名度がいまいちで肝心の女性がいないというのが私の実感です。

マッチアラームの審査について

マッチアラームを始めるためにはフェイスブックアカウントに一定以上の友達が必要です。複数アカウントや匿名アカウントの登録を防ぐためです。

私の場合、フェイスブックでは活動的ではなかったので数人しか友達がいませんでした。

マッチアラームのアプリをダウンロードし、初回起動するとフェイスブックアカウントでログインするわけですが、この友達の人数でひっかかり利用を開始できないことが発覚…

仕方ないので、フェイスブックで友達登録していない友人を探し、友達登録をまずは増やすことになりました。

審査をパスする友達の人数は正確には不明ですが、私は10人~12人まで増えたあたりでこの条件をパスしたようで、やっとアプリを使えるようになりました。

すると次に必要となったのが顔写真です。顔がはっきり写っている写真をアップするのが必須なのです。

ちょっと恥ずかしいですが、他のユーザーも皆アップしているのなら仕方ないですね(笑)

まあ毎日一人、顔写真付きで女性を紹介してくれるのですから文句はありません(笑)

お疲れ様でした。

ここまでクリアするとやっとマッチングを開始することができます。

マッチアラームで出会えなくなった理由

私は渋谷によく行くので、有名なスクランブル交差点にあるスターバックスで試しにマッチアラームのすれちがいマッチ機能を使って実験してみたことがあります。

案の定、紹介された女の子のボタンをプッシュすると相手もプッシュしてくれて見事カップル成立。

ものの30分でご対面し、そのまま渋谷の街でお茶することに成功しました。

マッチアラームに限らず、こういう出会いアプリというのは、実際やってみる前は本当に出会えるのかと不安なものですが、1度でもいい相手と会ってしまうと手放せなくなるというのが正直な感想です(笑)

ちなみに、どうでもいい話ですが、その時出会った女性というのがめちゃくちゃ美人で、こんな美人な女性でもこういうアプリやってるんだなーというのが意外でした。出会い系との一番の違いは、こういう普通の女性が入りやすいという気軽さにあるのだなと実感しました。その女性は既婚者(人妻!!)だったのでそれ以上の関係にはなれませんでしたが…

なーんだ、このアプリ使えば女友達を作るなんて簡単。今までの苦労はなんだったんだ…と思っていましたが甘かったです。

それ以降、会えない会えない。

興味を持つ相手はちらほらいるのですが、最終的に会えなければなんの意味もないのです。メル友が欲しいわけではないのですから。

以前のように出会えなくなった理由は、マッチアラームの知名度が上がりすぎてユーザー質が下がったのかもしれません。(といっても出会い系業者やサクラに騙されたわけではありませんが。)

どのアプリを使うかという選択は重要です。このサイトをご覧の皆さんも、貴重な時間と労力をかけるならちゃんと出会う気がある相手がいるアプリを使うようにするのが正解です。

マッチングアプリのススメ

安全に出会えるのはマッチングアプリ

今や女子大生の出会いの場はマッチングアプリが主流だと言われています。

昔は出会い系サイトのイメージが強かったので、ネットの出会いに対する不安感がありました。しかし今やネットの出会いは当たり前。

異性の友達や、彼氏・彼女、そして結婚相手まで、マッチングアプリで探すのが当たり前になっています。

その証拠に、マッチングアプリの会員数がものすごいことになっています。

まずはプロフィールを試しに覗いてみてください。

日常生活で出会えないような、見た目も性格もあなた好みの女性が本当にすぐ見つかり、そしてすぐ会うことができるのがマッチングアプリです。

マッチングアプリにサクラはいない

100%いないとは言い切れませんが、ほぼ100%サクラはいないと言っても過言ではありません。

なぜなら、マッチングアプリと、従来のいわゆる出会い系サイトとは、料金プランがまったく異なるからです。

従来の出会い系サイトは「ポイント制」でした。

つまり、女性とのやり取りをする度に、その都度ポイントが消費されていくのです。

逆にマッチングアプリの場合は「定額制」です。

月額料金を課金してしまえば、それ以上お金がかかることはありません。

つまり、もしもサクラがいたとしても、架空のやり取りをしたところでポイントを買わせることができないのです。

言い換えるなら、サクラにとってメリットがないのです。

だからマッチングアプリにはサクラがいないのです。

マッチングアプリはすぐ会える

マッチングアプリは、早く簡単に会えます。

恋活・婚活と聞くと、じっくり時間をかけて相手との距離を縮めていくイメージがありませんか?

実はその逆です。

マッチングアプリを利用する女性は、男友達や彼氏を本気で作りたいと思っています。そして、焦っています。

それ故に、だらだらとメッセージのやり取りをしたい女性はいません。

どんどん会って、対面で会話をして、相手を見極めたいと思っているんです。

なので、マッチングアプリはすぐ会えるのです。

さっそく今から始めて、すぐにデートを楽しみましょう!

私が最後に辿り着いたアプリ

結局のところ、ASOBOというアプリに辿り着きました。

このアプリは遊び相手とのマッチングというマッチアラームと似ているけどちょっと違うコンセプトです。

このアプリを選んだ理由は2つあり

①相手も遊び相手を探している

マッチアラームでの失敗から、相手も本気で出会いを求めているかどうかが肝心であることを痛感しています。その点ASOBOには会うことを前提としている女性が多いです。

②女性が多い

男女の比率も重要です。アプリの知名度が上がると必然的に男性が多くなり、結果的に競争になりカップル成立が難しくなるのです。

以上の2点からASOBOに決めました。

結局今では女性とたくさん出会って楽しい毎日です(笑)

まあ結局そのまま参考にするだけで好印象を持たれるようになったんですけどね(笑)

異性と出会うためにお小遣いを使うのはブルーになりますが、たった数千円でたくさんの女性と会ってリアルな友達になれると思えば安いものです。私のようにちゃんと出会えるアプリを探している方は一度試してみてもよいのではないでしょうか♪

出会えたアプリおすすめランキング

ワイワイシーアプリ版

20代から30代の出会いが欲しい女性が集まる定番マッチングアプリ。本気で男友達を作りたい積極的な女性と出会えました。意志が強いからすぐLINE交換OK。会うまでの期間が短いので今から夜遊びOKの女性も。ノリが軽いので話が早い出会いアプリです。
[料金/詳細はこちら]

ASOBOアプリ版

近所の女性とピンポイントで会えるマッチングアプリ。飲み友達、遊び友達の募集に強いからすぐ会える夜遊びOKの募集が多数。恋愛や結婚という堅いノリよりも、まずは会って楽しく遊びたい軽いノリの男女に人気のマッチングアプリです。
[料金/詳細はこちら]

PCMAXアプリ版

10代、20代を中心に今日会える夜遊び希望の男女が出会えるマッチングアプリ。暇してる、寂しい、恋したい、ドキドキしたい、そんな女性のナンパ待ちが多く、気軽な出会いから真剣な恋まで色々発展する夜遊び系マッチングアプリです。無料でお試し可。
[料金/詳細はこちら]

[もっと見る]


PAGE TOP